3歳までが大切。虫歯予防のために親ができること。

3歳までが大切。虫歯予防のために親ができること。

虫歯菌は親から子へうつる感染菌。

虫歯菌とは、そういう名前の菌があるのではなく虫歯の原因となりうる菌の総称です。

この虫歯菌、生まれたばかりの赤ちゃんにはいないのだそう。

では虫歯菌はどこからやってくるの?

答えは周りにいる大人たちから。

お父さん、お母さんはもちろん、おじいちゃん、おばあちゃんなど、赤ちゃんのお世話をしている人すべてが含まれます。

周りの大人の唾液が赤ちゃんの口の中に入ってしまうと、唾液に含まれる虫歯菌もうつってしまうのです。

赤ちゃんに虫歯菌をうつさないために、周りの大人ができること。

それでは、赤ちゃんに虫歯菌をうつさないため、に周りの大人は何に気をつけたらいいのでしょうか。

赤ちゃんに大人の唾液を触れさせない。

とってもシンプル。でも簡単?

赤ちゃんを大人の虫歯菌から守るには、

  • お箸、スプーン、コップ、ペットボトルなど、大人が口をつけたものを共有しない。
  • 大人がかじって味見したようなものを赤ちゃんに与えない。
  • 可愛くって、思わずお口にチュッ。これも残念ながらNGです。

これって、簡単そうで実は難しい。

スープやお味噌汁が「冷めたかな?」とちょっとお椀に口をつけるものダメなんて。

あんまり神経質になりすぎるのは、虫歯予防以上のディメリットがありそう。

そこでまず、周りにいる大人がキチンと虫歯治療をしませんか。

周りの大人の口の中がきれいなら、そうでないよりもグッと赤ちゃんの虫歯菌への感染はおさえられるはずです。

3歳までが勝負。虫歯になりにくい口内環境のために。

虫歯菌のなかで代表的なのがミュータンス菌。

この菌は歯の表面など、かたい組織にしかすむことができません。

ですから、まだ乳歯の生えていない赤ちゃんのお口に入っちゃったとしても口の中に留まることができません。

問題なのは乳歯が生えてくる1歳6カ月ぐらいから。

この頃から乳歯が生えそろう2歳6~7カ月までが、一番ミュータンス菌に代表される虫歯菌に感染しやすいと言われています。

そして3歳ぐらいで赤ちゃんの口の中の細菌バランス(善玉菌と悪玉菌の割合、)が大体落ち着き、その後もその細菌バランスが大きく変わることはないのだそう。

つまり、3歳ぐらいまで頑張って大人の虫歯菌が赤ちゃんにうつらないように気をつければ、その後虫歯になりにくい口内環境を維持できるのです。

3歳までの数年間、頑張ってみる価値はあると思いませんか?