子供から締め出された経験をした人、意外と多い件。

子供から締め出された経験をした人、意外と多い件。

統計上子供の事故には含まれないけど、いつ事故が起きてもおかしくないシュチュエーションに「親が閉め出される」があります。

どんなに危険なことを子供がしようとしていても、それを親が目にして止めようとしても、自分が閉め出されちゃっているので止めに入ることができないのですから。

この経験をした人が、私を含めて私の周りで3人も。

以外に多いのでびっくりしました。

私は車から締め出されました。

まずは私の経験から。

それはゴミ出しの時。

好奇心が旺盛で、目を離すと何をしでかすか分からない、危なっかしくてしょうがない娘がいまして。

一瞬でも家にひとりで置いていけないので、いつもゆっくり歩く娘の手を引いてゴミを捨てに行っていました。

でもその日は、雨。

面倒くさいなあと思い、徒歩1分30秒ぐらいのゴミ捨て場に車で行くことに。

娘とゴミを車に積んで80メートルほど走ると、もうゴミ捨て場。

エンジンをかけたまま車を降りて、ゴミを捨てて、さあ車に戻ろうとすると、「あれ?入れない」。

「ドアロックしたっけ?」と思い車のキーを探したら、キーは鍵穴に差しっ放し。

そして運転席に娘!!!

そこでやっと私は娘に車内からカギを閉められたことを悟ったのでした。

「ちょっとそこまで」と娘をチャイルドシートに乗せずに、後部座席に普通に座らせてしまった、完全な私の失態です。

娘はただ何となく運転席で私の真似をしたかっただけのようで、そもそもドアをロックしちゃったという意味も分かっていない様子。

ご機嫌でハンドルを握っています。

何度か口で説明してドアのロックを開けてもらおうとしましたが、「え?」という感じ。

早々に見切りをつけて、職場の夫に連絡し、スペアキーを持ってきてもらうことにしました。

不幸中の幸いで、家の鍵は開けっ放し、携帯も家にありました。

娘がエンジンかけっ放しの車内に閉じこもっていると聞いて、夫もすぐにスペアキーを届けてくれるとのこと。

それまでの間、とにかく娘の注意を私に向けて、空調ボタンやサイドブレーキを触らないようにしなきゃ。

こんな一心で、雨が降る中、運転席側の窓の外に立って夢中で娘に話しかけていたのを覚えています。

ゴミを出しに来たたくさんの近所の人から、「何やってるんですか?」と聞かれてしまいましたが。

無事スペアキーを受け取って、娘を車の外に連れ出すことができました。

横着してるとバチって当たるものなんだなあ。

その夜しみじみ情けなく感じました。

ベランダに締め出されたことがある友人は、2人。

私の場合は反省すべき点は多々ありますが、ベランダに締め出された友人2人は「不運!!」としか言いようがないものでした。

普通にベランダで洗濯物を干して、室内に戻ろうとしたらカギが閉められてただけなのですから。

2人ともたまたま外を歩いていた人に家の中に入ってもらって、カギを開けてもらったそうです。

親しいわけではなく、全く知らない人でもなく、「ちょっと知っている近所の人」だったのが気まずかったと言っていました。

ベランダに締め出されないための対策は?

まずは常に携帯を持ってベランダに出る習慣を。

それから、家のカギ。

せっかく外を歩く人に声をかけて家の中に入ってもらおうとしても、家にカギがかかっていたら入れませんので。

顔見知りの人なら、ベランダから家のカギを投げて渡すことができます。

私が友人の話を聞いて実践したのは、ベランダに出て、サッシが開いた状態でカギをロック状態にすること。

それからサッシを閉めても、サッシはピタリと閉まりませんし、子供にロックされることはほぼ無いと思います。

布団バサミや洗濯バサミをサッシに挟むというのも有効そう。

ちょっとした手間なので、ぜひお試しください。

閉め出されたら、本当に危険で悲惨です。