紫外線を徹底解説。知識があれば怖くない。

紫外線を徹底解説。知識があれば怖くない。

近年、紫外線の人体に対する悪影響が広く知られてくるようになりました。

なんか紫外線を浴びないようにした方がいいらしい…。

日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶったり、日傘をさしたり。

こういった対策がもう常識に。

でも、紫外線の性質を調べてみると、知らなかったこと、誤解していたことがたくさん!

そこでここでは紫外線を徹底解説。

これで紫外線なんか怖くない!

紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cの3種類があり、それぞれ体に与える影響が違います。

UV-Aは皮膚の深くにまで到達するという性質があり、浴びたUV-Aの20~30%が肌の奥の真皮層に到達します。そこで繊維芽細胞にダメージを。繊維芽細胞は肌のハリや弾力のもととなるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す源となるもの。これが傷ついて活発に働かなくなると、皮膚はハリを失い、シワたるみが現れてきます。

UV-Aはガラスを透過するという性質も持っているので、家の中で窓越しに火に当たればUV-Aを浴びているということになります。

 UV-Bは皮膚の表面近くのDNAを傷つけます。それにより日焼け皮膚がんしみそばかすの原因となります。世界保健機構(WHO)によると、皮膚がんの80%は紫外線対策をしっかりとることで防げたはずのものだそうです。強い紫外線が目に入った場合に、紫外線角膜炎を引き起こすことがあります。また、白内障のなかで日本人に最も多くみられる皮質白内障というタイプは、UV-Bとの関係が知られています。

UV-Bはガラスを通り抜けて屋内に入ってくることはありません。

UV-Bは地面や建物などに反射して、空気中に散乱しやすいという性質があります。屋外では太陽から直接届く紫外線量と空気中で散乱して届く紫外線量がほぼ同程度ともいわれています。

UV-Cは生物にとって最も有害ですが、オゾン層と大気中の酸素分子に吸収され、地表に届くことはありません。

紫外線はいろいろな形で私たちに届きます。

日本では南へ行くほど紫外線が強くなります。

紫外線は太陽が高い位置にあるほど強くなるので、緯度が低い(赤道に近い)地域ほど紫外線が高くなります。

1年間の紫外線ばく露量でみると、沖縄は札幌の約2倍にもなります。

春から夏にかけて、紫外線が最も強くなります。

札幌では6月から8月、つくばでは5月から9月、沖縄では3月から10月の間が、紫外線に対する注意が特に必要です。

午前10時から午後2時までの間は、特に気をつけなければいけない時間帯。

太陽が一番頭上高くのぼった時が紫外線も一番多く降り注ぎます。

だいたい午前10時から午後2時まで。

この時間帯に夏の間は1日のおよそ60%、冬の間は70~75%の紫外線照射量があります。

夏の間は午前10時から午後2時以外の時間帯も紫外線は多いので、冬より長い時間紫外線に気を付けた方がいいでしょう。

世界保健機構(WHO)では午前10時から午後4時までの時間帯、紫外線に対する注意を呼び掛けています。

雨や曇りの日でも油断禁物。多くの紫外線が降り注いでいます。

快晴の時に比べて雨の日でも約30%曇りの日は約60%の紫外線量があります。

薄曇りだと、なんと80~90%

快晴の時とそれほど変わりません。

一番注意しないといけないのが、雲の間から太陽が見え隠れするようなとき(薄曇り)。

紫外線が雲に反射した散乱光が加わるため、快晴の時より紫外線量が多い場合があります。

紫外線は太陽から直接届いたり、地面に反射して届いたり、反射したものが空気中に散乱して届いたりします。

紫外線の強さを知るものとして、UVインデックスというものがあります。

このデータをもとに気象庁は0(弱い)~13+(極端に強い)までの紫外線情報を公開し、私たちに注意を呼び掛けています。

このUVインデックスは太陽から直接届く紫外線のみを数値化したもの。

しかし私たちが実際に浴びる紫外線は、この他に地表に反射して届くもの(反射光)や、それがさらに空気中に散乱して届くもの(散乱光)があり注意が必要です。

そして地表面に当たった紫外線のうち、どのくらいの割合が反射して空気中に散乱するかは、地表面の状態により大きく変わります。

紫外線の反射率


新雪           ➡80%

砂浜           ➡10~25%

コンクリート・アスファルト➡10%

水面           ➡10~20%

砂地・芝生・土面     ➡10%以下

〈紫外線環境保健マニュアル2015より引用〉

標高が1000m上昇するごとに、UV-Bは10%~12%上昇します。